2017荒川河川敷 野鳥一斉調査
   ★2017年5月21日
◆2016年度 ◆2015年度 ◆2014年度 ◆2013年度 ◆2012年度 ◆2011年度
◆2010年度
 ◆2009年度 ◆2008年度 ◆2007年度 ◆2006年度 ◆2005年度 
      《調査方法》

足立区内の荒川をA~Gの区域にわけ、右岸と左岸を各2人以上で同時刻に一斉スタート。ゆっくり歩き、野鳥が見られたときに種名・個体数を記入し、観察終了後に種名ごとに合計数を出す。

▼表の観察場所のABC・・・は
 右図のABC・・・に相当する。

◆2017年5月21日(日) 7:00~9:00     ★調査者のコメント

科  名 観察場所 合計
種  名
カワウ 1 9 1 1 2 3 4 4 4 1 2 1 33
サギ ゴイサギ
ササゴイ
アマサギ
ダイサギ 1 1 1 2 5
コサギ 1 1 1 1 2 2 1 2 11
アオサギ 2 3 2 1 4 2 1 15
ガンカモ マガモ
カルガモ 3 5 1 1 7 3 1 1 22
ハヤブサ ハヤブサ
チョウゲンボウ 1 1
キジ キジ
クイナ バン
オオバン
チドリ コチドリ 2 1 3
メダイチドリ 1 1
シギ キアシシギ 3 5 2 2 12
イソシギ 1 5 1 2 1 1 2 13
チュウシャクシギ 1 1 2
カモメ ユリカモメ
セグロカモメ
カモメ
ウミネコ
コアジサシ
ハト キジバト 3 1 1 2 7
アマツバメ ヒメアマツバメ
カワセミ カワセミ
ヒバリ ヒバリ 1 1 1 3 6
ツバメ ツバメ 3 4 1 3 2 5 9 5 2 1 4 39
イワツバメ
セキレイ ハクセキレイ 3 1 1 1 1 3 10
セグロセキレイ
タヒバリ
ヒヨドリ ヒヨドリ 1 1 2 4
モズ モズ 4 4
ツグミ ツグミ
ウグイス ウグイス
コヨシキリ
オオヨシキリ 3 5 6 19 8 6 4 51
セッカ
シジュウカラ シジュウカラ 2 2 1 1 1 7
メジロ メジロ
ホオジロ ホオジロ
アトリ カワラヒワ 10 4 6 3 3 5 4 35
ハタオリドリ スズメ 25 15 22 5 21 6 4 11 25 6 14 5 159
ムクドリ ムクドリ 50 69 42 57 24 60 31 65 42 39 41 19 539
カラス オナガ 1 1
ハシボソガラス 12 5 2 4 4 7 4 4 2 5 49
ハシブトガラス 7 1 7 2 1 18
観 察 総 個 体 数 115 123 84 75 68 106 95 106 98 67 63 47 1047
観   察   種  数 11 14 12 8 13 17 16 11 13 12 8 9 25


《2017年5月21日 調査者のコメント》

A(芝川水門~鹿浜橋)左岸

 朝から日差しが強く暑い日でした。5月は時期的に季節の狭間か、何時も鳥が少なく感じられます。その中で、芝川水門近くの土手と水が引いた川岸でハシボソガラスが多数給餌をしていた。その中の一羽が、茶褐色の羽をしていたのが印象深かった。 (Uchi)


B
(鹿浜橋~江北橋)左岸

河川敷の残土処分の跡地でコチドリを一羽確認したのですが、それなりの鳴き声が聞こえたので、少し近寄って確認したところ、ヒナと思われるもう一羽が確認出来ました。周りをよく確認すると、コチドリの営巣した跡地と思われる10センチ程度のお皿の様な窪みが数か所ありました。
 ハシボソガラスがサッカー場に駐車している小型トラックのミラーに止まり、鏡に映る自分の姿を見ながら鳴いていたのがとても愉快でした。  (Shimi) 

 

B(鹿浜橋~江北橋)右岸

良いお天気でしたが、鳥が少なすぎて寂しい調査でした。
 土手や『新田わくわく水辺広場』は草刈りがされたばかりでしたが、広い葦原はちゃんと残っているにもかかわらず、なぜかオオヨシキリが1羽もいませんでした。ここまで来る途中の河川敷ではアチコチで賑やかに鳴いていたのに。
 今日の収穫は草が短かったので運良くコチドリが見えたこと。ヒバリも土手で囀っていたのですが姿が見えました。今は繁殖期なので、ムクドリやスズメは1羽で行動しているものが多かったです。エサを咥えて飛ぶ個体も何度も見かけました。 (Sato)


C
(江北橋~扇大橋)左岸

いつもの葦原が、護岸工事に入りほとんど刈られており、わずかに残った葦にオオヨシキリが盛んに鳴いているのを見ました。
 ムクドリが非常に多く、巣材を咥えながら高速下を行き来していました。
 鳥の数も少なく、寂しい感じでした。 (Naka.hu)


C
(江北橋~扇大橋)右岸

快晴の絶好の調査日和のわりには、例年に比べてすこし寂しい結果となりました。
 扇大橋から上流に広がる湿地帯は、冬場はタシギやベニマシコも姿をみせるのですが、いまは丈高くヨシが繁茂して足を踏み入れることが出来ません。それでも、そこここからあのオオヨシキリのさえずりが聞こえ、餌を運んでいるのでしょうか、ムクドリがせわしなく土手の向こうと行き来していました。整備された有料グランドに出て、スズメたち。川辺は寂しいものでした。
 この区域のスター、チョウゲンボウは見つけられず、釣り人情報では、このところ姿を見せないよとのこと。
 終了間際に、ツバメが飛んで、やっと夏の調査を実感しました。 (Ama)


D
(扇大橋~西新井橋)左岸

 

 西新井橋横の野球場の荒川側の草地(「ゴルフ禁止」の看板のあたり)で、モズのつがいと幼鳥2羽を観察した。幼鳥の大きさ・体形は成鳥と同様で、色は茶褐色だった。4羽一緒に行動し、草や杭、看板の上に止まったりしていた。

 西新井橋側の木工沈床の上にメダイチドリ、その下の干潟状になった砂地でチュウシャクシギとキアシシギ、西新井橋と扇大橋の中間位の川の中の杭の下にキアシシギがいた。 Wata.hi)

Wataさんから報告は届いていると思いますが、モズの親子連れを見ることができたのはラッキーでした。写真も撮ったのですが、近づけないのと未熟な腕のためいい写真はできませんでした。子ども2羽は勝手に動き回り、親2羽が心配そうにまわりを警戒するという感じで、4羽まとまってという場面はありませんでした。
 せめてモズのつがいの写真を送ります。これも遠いので「わかる」程度の写真です。 (Baba)

 


D
(扇大橋~西新井橋)右岸

お天気も良く、暑い調査日になりました。
 オオヨシキリの大合唱が迎えてくれましたが、姿はなかなか見ることができません。草丈が高く水辺に出るのが大変でした。出てみると水が随分引いていて干潟が出来ています。ラッキーな事にそこでキアシシギ、チュウシャクシギ、イソシギを確認する事が出来ました。良かったです。 (Ann)


E
(西新井橋~千住新橋)左岸

 早朝のグランドはまだ静かでした。
 オオヨシキリの声は賑やかに聞こえてくるのですが、残念な事に対岸や隣のエリアからの声だけです。この担当地区にはかなり広い葦原があるのに、オオヨシキリどころか鳥の声が聞こえません。
 野球練習が始まる前の広~い芝生では、ムクドリ達がせっせと餌を探しています。見つけた虫を咥えては巣に運んでいます。子育て真っ最中のようです。

 潮が引いている干潟の泥をツバメが口に含んで飛んで行きます。こちらは巣作り真っ最中なのですね。
 すぐ傍を目線の高さでチョウゲンボウが飛んで行き、ビックリ。 喜んだのですが、下流隣のエリアで確認されたものだと分かり、こちらではカウントに入れませんでした。これも、ちょっと残念。

 ヒラヒラと舞っている小さいもの。良く見るとコウモリでした。日中に飛び回るものもいるのですね。 (Yata)


E(西新井橋~千住新橋)右岸

  ヒバリのさえずりに迎えられての調査でしたが、ムクドリばかりでした。
 それでも、5月らしくオオヨシキリは賑やかで、縄張りは4ヶ所ありました。 (Saga)


F
(千住新橋~東武鉄橋)左岸

新緑で、気持ちのいい季節のはずが、今日は、朝から真夏のようで、暑いです。
芦原では、オオヨシキリがもうアピール

ムクドリは、鉄橋の穴の巣で子育て真っ最中でした。
そんなさなか、鉄橋の上にチョウゲンボウを見つけて大感激しました。
(^o^)/ (Suzu.ma)

 
   オオヨシキリ チョウゲンボウ    撮影:Suzu.mi


F
(千住新橋~東武鉄橋)右岸

オオヨシキリの声があちらこちらから聞こえます。ですが私達のエリアには、オオヨシキリが居られるヨシは一本も生えてはいません。
 河原全面は少年野球の元気な声、声、期待していた学びピアの上は工事中です!チョウゲンボウもハヤブサも見られません、早く工事が終わり又戻って来てくれることを期待します。 (Tama)


G
(東武鉄橋~堀切橋)右岸

好天で本年最高気温の中の調査となりました。調査を開始して直ぐにオオヨシキリの元気な声を2か所で確認できました。ガスがかかり、見通しの悪い条件で、種数、個体数とも非常に少なく、ムクドリだけが元気に採餌に勤しんでいました。ここ数年河川敷の工事が行われていましたが、一段落したのでしょうか、すっきりした河川敷でした。 (Tubo.hi)

   
  荒川河川敷・東武線下流  荒川護岸 荒川干潟   
   
  シロツメクサ・ヤセウツボ カワラヒワ スカイツリー遠望